舞と唄

芸舞妓さんが舞う端唄や、地唄や記載されてます。

祇園小唄 – 祇園をこよなく愛した作詞家・長田幹彦氏が作詞し、映画『祇園小唄絵日傘』(昭和5年)の主題歌として大ヒットした昭和の名曲です。

京の四季 – その名の通り、京都の四季の風情や情緒を描いた作品です。京舞・井上流の代表曲である。

六段くずし – 井上流では、初世八千代の振付で舞地として用いられる。井上流京舞の手付もある。

春雨 – 嘉永2年(1894)刊の「大会吾妻調」(よくよせたあづまのひとふし)二編に所収。1853年頃江戸でも流行。

夏は蛍 – 夏の定番になっている演目、団扇を使って踊る。

花笠 – 歌舞伎《京鹿子娘道成寺》からの一節。

紅葉の橋 – 晩秋から初冬への季節の移り変わりに風物とちょとした人事の消息を絡ませた曲。

姫三社 – 太鼓や舞や、神社の賑わいの様子が伝わってくる、リズム感のある唄であります。

梅にも春 – 若水汲み、鳥追い、遠音神楽など東京の正月風景を歌った曲です。

松づくし – 江戸に入って大衆的な流行曲となり、寄席などでは曲技とも言える振りを付けて唄われています。

わしが在所 – 「わしが在所は今日の田舎の片ほとり」と唄いながら、その地の風俗などを表現する、素朴な小品として、馴染み深い曲となっています。

東山名所 – 「あけぼの」とも呼ばれます。

黒髪 – 舞妓から芸妓への襟替えをするのわずかな期間に舞うことの許される舞です。

宇治茶 – 大阪屋吉兵衛の店で売り出した「大吉山」という銘茶の宣伝に使った曲とも思えます。

御所のお庭 – 作成中

君に扇 – 作成中

夕暮れ – 作成中

萩桔梗 – 作成中

蛍狩り – 作成中

東山 – 作成中

春の夜 – 作成中

祇園東小唄 – 作成中

宮川音頭 – 作成中

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。